minori

夫婦で音楽教室を運営しています。ダイエットは永遠のテーマと思っていて、健康、お金、時間はどれが欠けても幸せになれませんね。そこでまず、健康になるための秘訣をさまざまな、文献から探し出しブログに書く事にしました。少しでも皆様の参考になれば、と思います。あ、そうそう、私たち自宅でAirbnbを始めました。お泊まりに来て下さると大変嬉しいです.
https://goo.gl/pjHPQO

記事一覧(6)

顔のたるみと加齢

ホウレイ線が気になるあなたへhttp://goo.gl/Blu4f1いつまでも美しくいたい、若い時の美肌を維持したいと思うことは全ての女性にとっての永遠のテーマ......。歳を重ねるごとに皮膚がたるむという老化現象は、女性の大きな悩みのひとつですね。この女性にとって大きな悩みの種である顔のたるみは、いったい何が原因で起こるのでしょうか。顔のたるみが起こる原因は、歳とともに顔の肉を支えている筋肉が衰えて、たるみができてしまうようになるからです。また顔の皮膚の内部にも原因が潜んでいます。コラーゲンやエラスチンといった美肌成分は、歳をとるにしたがって減少し、顔がたるんでくることもあるんですね。このコラーゲンやエラスチンといった皮膚成分は、歳をとるにつれ減少することを食い止めることは不可能.....涙それで、肌を支える筋力が徐々に減少し、筋力の衰えた皮膚と脂肪のほうが増えてしまい、顔はたるんじゃう。歳をとれば筋力は衰えるわけで、肌は重力に逆らうことができず、下のほうへと移動してしまうのは、食い止めることのできない現象なんですね。しかしそのままにするのではなく、どうして顔がたるむか原因を探ってみましょう。それによりたるみの原因を上手にケアしながら、肌にかかる重力の負担を最低限にまで減らすことは可能なのです。加齢により変化していく自分の肌と向き合い確実なたるみ対策を見つけ出しましょう。顔や首の筋肉には30もの筋肉があり、顔の筋肉はとても小さくて繊細にできています。顔の筋肉が弱ると目が細くなり、頬がたれて口角が下がり、二重あごになったりします。このような症状は女性が何とか避けたいと思うことでしょう。顔の筋肉というと思い浮かぶのが表情筋ですが、これは顔の表情が動く、というところから呼ばれているのです。顔やせ、小顔効果が期待できるのは顔の筋肉をエクササイズする方法です。代表的な表情筋は頤筋(おとがいきん)で、唇下からあごに伸びる筋肉です。この顔の表情筋が衰えると二重あごになってしまう......。前頭筋(ぜんとうきん)は眉の上から額にかけての筋肉で、この筋力が衰えると額の横ジワが出てくる....。まぶたを閉じたり開いたりする役割をするのが、眼輪筋(がんりんきん)と呼ばれる筋肉です。この筋力が低下すると目尻のシワや上まぶたのタルミになります。頬筋(きょうきん)は、口角を上げる役割があり、この筋力が衰えてくると口角が下がってしまいます。これは口元が怒っているような印象を与えてしまう原因になることがあるので、みなさん注意しましょうね。

コーヒーダイエット?

1 コーヒーダイエットとは 最近よく耳にするダイエット方法がコーヒーダイエットです。あのコーヒーダイエットとは、本当に効果が出るものなのでしょうか。コーヒーに含まれているカフェインは、体内の脂肪を分解してそれを血液中に送り込む働きを持っています。カフェインはまず摂取されると交換神経を活発にさせ、ノルアドレナリンを分泌させることにより、褐色脂肪細胞が刺激されるという仕組みです。こうしてさらにリパーゼという物質ができ、体内に蓄積された脂肪分を分解して脂肪酸となり、血液に送り込まれるわけです。カフェインのこの働きを利用してダイエットに生かすというのが「コーヒーダイエット」なのです。ただ「脂肪をつきにくくする」というのがコーヒーの効能です。飲みながら今より脂肪を減らせられるというわけではないのですね。コーヒーの力を借りながら脂肪の燃焼を助け、今より少しでも太りにくい体にしようというのがこのダイエットの論理なのです。カフェインの力によって日常のちょっとした運動でも今までとはちがった効果が期待できるというわけです。脂肪燃焼に効果的な軽い有酸素運動などとコーヒーダイエットを同時に行えば、その効果は大きくなるわけで、その組み合わせがキーポイントです。コーヒーは手ごろな価格で手に入る身近な飲み物ですので、チャレンジしやすいダイエット方法といえます。http://biyou.nayamisaraba.com/

やせたい人の食事

 ダイエットするためにまず考えなければならないのは「食事」です。やせようと思うと食事の回数や量を減らすことを考えてしまいます。しかし食事を減らすダイエット方法は、体重を減らすことはできても同時に減ってはいけない骨や筋肉まで減らしてしまうことになりとても危険です。このような方法では健康のためのダイエットという目的とは違うものになり、なんのために痩せるのかわからなくなってしまうでしょう。ダイエットの基本は一日3食をきちんと規則正しくとることです。3食の食事時間は5~6時間空けるようにすれば間食を防ぎ、体脂肪を燃焼することができます。ダイエットをしたい人は一日の中でとくに朝食をしっかり摂ることが大切です。朝食はたくさん食べても体脂肪が蓄えられにくので大丈夫です。何故なら食事量が多くても1日の活動でエネルギーを消費していくことができるからです。おすすめの朝食メニューは具だくさんの味噌汁・ごはん・おかず数品という組み合わせです。バランスの取れた食事をするように心がけましょう。またやせたいからといって食事を抜くと胃や腸の吸収力が高まり、次の食事でよりエネルギーを取り込もうとするので太りやすくなります。また夕飯の量は極力少なくする必要があります。夕方以降は活動量が減り、身体をやすめるときだからです。このような1日の食事量の配分にも気をつけましょう。目安としては「朝5:昼3:夕1」ぐらいがベストです。朝食でしっかりと栄養を摂るようにすることが重要です。バランスの取れた献立でできれば和食中心のメニューにしていきましょう。http://biyou.nayamisaraba.com/

ダイエットのリバウンドについて

 無茶なダイエットをするとその反動で急にたくさん食べてしまったり、また食べなくなったりすることがあります。これはリバウンドというものです。ダイエットによって心と身体のバランスが崩れ、ストレスが限界に達してしまうと自分自身でコントロールできなくなって必要以上に食べてしまうのです。これによりダイエットをする前よりもさらに体重が増加することもあります。またリバウンドの嫌悪感から食べたものを吐いてしまう人もいるようです。急激に短期間で体重を数キロ落とすといった無理なダイエットはリスクがいっぱいです。このように自分の心と身体に負担をかけてしまっては、せっかく痩せてもまったく意味がありません。リバウンドを繰り返すことによって、食べることができなくなってしまいます。そして太りたくても太れなくなって病院に通うというようなケースも実際には多いものです。「食べる」ことを怖がることはありません。食べることは楽しいことなのです。仲間とワイワイ楽しんだり、お酒もたまには良いのはないでしょうか。そのような楽しみを削ってまでして痩せたとしても、まったく意味がないのです。「食べる」事を楽しみ、内面を輝かせる努力をする。そこに素敵なプロポーションや、着たかった洋服、ダイエットの成功が待っているのです。途中でダイエットに疲れたら休んでもかまわない休んだからといって何キロも差がでるわけではありません。また色々なテレビや雑誌などのダイエット情報に惑わされることなく、自分なりにダイエットの方法を見つけることが大切です。自分の内面を磨いて綺麗になること。そこに本来の美しさが備わるのです。http://biyou.nayamisaraba.com/

肌の若返りとサプリメント

 肌の若返りには、栄養の偏りがない食生活と、ビタミン摂取が重要なことは多くの人が知っています。サプリメントは、食事の準備も十分にできないという時に栄養の補給のために使えます。バランスのいい食事をすることが肌の若返りにいいことは知っててもなお、全身クタクタで帰ってくると食事の準備までは追いつきません。サプリメントは、忙しい時でも栄養補給に役立ちます。携行にも適していますし、ちょっとした時間があればすぐに摂取ができます。ビタミンCを欠かさず摂取することが、お肌の若返りになります。ビタミンCという成分は私たち人間が自分の体内で生成できない成分だからです。ビタミンCは新陳代謝を高めるほか、身体を酸化から守る作用、コラーゲンの生成を助ける作用、メラニンを作らないようにする作用などがあります。肌に対するビタミンCの働きで重要なことは、抗酸化作用によるしみやしわの予防効果ではないでしょうか。肌の水分保持に欠かせないコラーゲンの生成にもビタミンCは関わっています。ビタミンは肌の若返りに欠かせない栄養素ですが、体内に溜めておくことができず、一定量以外は体外に出てしまいます。ビタミンは一度にまとめて摂取せず、少量ずつ頻繁に取り入れたいものです。サプリメントが使いやすいのは、そのためです。最近では、若返り効果がある美容液や化粧品、エステや美容外科など様々な手段があります。それらの方法の中でもお肌の手軽な若返りが期待できる方法が、サプリメントです。http://biyou.nayamisaraba.com/

食べすぎは短命のもと?

1 食べ過ぎは肥満の原因 カロリーの摂りすぎが原因で、肥満になってしまうことがありますよね。甘いものやアルコールの摂りすぎ、ドカ食い、肉や油脂の過剰摂取も肥満の原因にもなりますし、摂取した食べ物は体内で消化され、エネルギーとして消費(怖~)消費するエネルギーより補給されたカロリー量の方が多い場合は、余剰ぶんが脂肪になり、肥満の原因を作っちゃうしねぇ(怖~)従来の日本食は低カロリーの食材や調理法が多かったのですが、洋食を食べる人が増え、カロリー量が上昇しつつあるようですよ~。30歳を越えると人間は基礎代謝がどんどん低下しちゃう。肥満の原因としては、10代や20代の頃と変わらない食事量を維持していたために脂肪が増加することが挙げられます。カロリー過多な食生活にならないようにすることが、肥満の原因を排除する方法ですね。腹八分目を意識し、ゆっくりよく噛んで食べて満腹中枢を刺激しましょう。カロリーオーバーで肥満体型になるという構造自体はシンプルなものですが、対策を講じることは難しいようです。たいていの人は、無意識のうちにうっかり食べ過ぎているものです。栄養補給のための食事はもちろん欠かせません。もしも必要な食事ではなく、食欲をそそるから食べたいという欲求だけで食事量や食事の機会を決めていれば、それが肥満の原因かもしれません。